らんこう ぎゃくえん

女子として生まれて「女」であればパートナーがいるいないに関係なくセフレが居たら寂しさを紛らわせるのに…なんて想像した事は誰もが一度くらいあることです。
ルールとして本命になりたいなどは両者とも求めちゃダメ、寂しい時にエッチできて、厄介になる事は口にしない。
めちゃくちゃ良いとこどりの男性。
私自身長きにわたり会いたい時だけ会っていた自分の性欲を満たしてくれる相手がいたんですよ。
2人の関係が面倒になるようなことはどちらとも口にしなかったので、隣にいると満足した。
彼氏の事で誰かに聞いてほしい時、一人で居たくない時いつも頼りになる存在でしたね。
やはり欲求を満たしてくれる相手とは一緒に居て満足するのかもしれないですよね。
恋人ではなく、たかだか欲求をみたしてくれる相手。これは、お互いのプライベートを知りたがらないような事大前提ですね。
けれども、一般的に女はセックスという行為をした男に恋してしまうケースはあるでしょう。
体だけの関係の相手に恋心を抱いた、そう感じないようにするのはかなりつらいでしょう。
それでも、感情が抑えきれず頭の中から彼が離れなくなっていた…こんなケースの奥さんは多いと考えられます。
でも、今まで欲求をみたしてくれる関係、そう思っていた男性と一から交際を始めるということは相当険しい道のりだと感じるんですよね。
それでセックスするだけの男性を自分のものにするにはどうしたらいいのか、いくつか挙げます。

■私たちはかなり相性抜群だと思っていたんです

その築いてきた関係性が交際相手と変わらないようでしたら
「私たちってさぁ~相性抜群だよね」「なぜ今まで付き合わなかったのか不思議だよね?」というふうになんとなく関係性について触れてください。
相手もそういうふうに考えていたら「これから俺と付き合う?」という答えがもらえるかもしれません。
あくまでもにっこりしながら可愛らしく言う事。この感覚が大事ですよ。

■覚悟を決めて質問する

真っ向勝負で「私ね、ずっとあなたのこと男性として良いなって想っているんだけどあなたは私についてどういうふうに感じてる?」と聞いてみるのです。
もし男性の反応が微妙だとしたら交際まで持っていくことは難しいと思います。
その時の彼の反応が良いのであれば笑顔で交際しよう?と申し出てみると、高確率で結果になります。