よんじゅーだい ひとつま いそぢ ひとづま

長年にわたり「女」であり続けている人なら自分の性欲を満たしてくれる相手が居てもいいよね…と思ったことは誰もが一度や二度くらいおありでしょう。
特段結婚して欲しいなどは二人の間で期待しちゃダメ、寂しい時にHできる、この関係が崩れるようなことは言わない
ものすごくメリットがある男の人。
実は私も最近まで長い間、公にしていませんが自分の性欲を満たしてくれる相手がおりました。
この関係が崩れるようなことは互いに口に出さず、一緒に過ごすと心地よかった。
落ち込んだ時、へこんだ時心細い時とても頼りになる人でした。
実際に性欲を満たしてくれる相手とは一緒に居てリラックスするのかもと思っていました。
夫婦ではなく、結局はセックスするだけの相手。こういったものは、必要以上に要求しないということが大切です。
けれども、一般的に女の内心は大人の関係になった方に対し恋してしまうパターンが事実あるものです。
欲求をみたしてくれる相手を愛してしまった、それに気づかないようにするのは難しいでしょう。
それでも、いつのまにか本気になっていた…そんなケースの人は実に多いです。
とはいっても、ずっとただの体だけの関係、そう思っていた相手と堂々と恋人関係になることはものすごく険しい道のりに感じるんですよね。
という訳でエッチするだけの男性を彼氏にする手段はないのか、いくつか考えてみました。

■私たちはすべての相性がぴったりだと思ってたんだ

双方の築いてきた関係性が恋人のようになんら変わらないのであれば、
「私たち一緒に居てすごい相性抜群だよね」「むしろなんで今まで付き合わなかったんだろうね?」というように関係性について言及してみてください。
男性もあなたと同じことを考えていたなら「じゃ俺と付き合う?」みたいな返答が聞けるかもしれませんね。
それとまた真剣にではなくふざけつつ口にすることが重要ですよ。

■ストレートに質問してみる

勇気を出して「ずっとあなたのこと男として良いなって感じてるの。あたしのことを特別な存在だと思っている?」と聞いてみます。
そこで彼が微妙な表情だった場合交際まで持っていくことは難しいと思います。
あくまでも男性のリアクションが好意的だったら笑顔で交際しよう?というセリフを言ったらほぼ思い通りの結果になります。