よんじゅーだい じゅくじょ さくらなし であいけい

■色恋の体験がふんだんで、女子のコントロールに慣れっこな男の人

女権論者というのも、下半身の関係にすべき男性の人の原則の一つです。
できるだけ、恋の経験が十分で、場数があること。
婦人の扱いに免疫のあって、その場で扱いがする。
また何よりも、女の人の人格を感心することができるということが、秘密の関係に相応な男子なのです。
ああいえば、秘密の関連性なのに、何故にこのような精神的な事項が不可欠なのか?、と感じるかもしれません。
それでもなお、身だけの関係性だからこそ、あんな要素が貴重なのです。
それがなければ、全体に肉欲ばかりのかかわりになりえてしまうのです。
男の方はこうであっても結構ですが、女の人は生理的に、そうでは十分でない。
その時に限っていても、自己を主要としてくれるあたたかさを、彼女は男子の方に期待するものです。

■技術がある人、その他性交渉に対する勉強がふんだんな男児

秘密の関係として付き合いをするのですから、なんといっても交わりの技は必要になるでしょう。
知験豊潤なテクニックがある者というのが願望ですが、
そうじゃない場合、一例を挙げれば試しの低い若い男でも、床入りに対する知識欲が豊富なことが、重要条件になります。
一つ言えば、相方が味わいの深くない年下男子の人でも、
交際する間に片棒がせっせと手法を磨き上げればこれらほど怪しい関係に似つかわしい男子はいません。