よんじゅーだい おくさま ぎゃくえんじょこうさい ぼしゅう

セフレとしてお付き合いしたい素晴らしい男性とは、どういった傾向の男性を指すのでしょうか。
外面の好き嫌いも明確に決まっているのかもしれませんが、
相手の傾向によって、セフレにするのがオススメのパートナーと、セフレに適していない男性にまとめられます。
それなら、どこを観察して選択すれば成功するのでしょうか。
ここからはセフレにするのがオススメの優秀な男性の決め方についてお知らせしますので、いざという時のチェックポイントにして良い出会いにつなげましょう。

■言動が純真で、何から何までしっかりと自立心を持っている頼れる男性

実際にはどこまでもセフレという形で交際しているのに、男性側が誤解してしまって、
恋人としての関係を要求することが今時では問題になってきています。
初めに、恋愛関係ではない、という合意をしていたと思っていても、そのような意外なことを言われるケースも増えています。
どんな理屈で、そのような間違った思い込みが起きてしまうのか。
どうしてかというと、相手サイドのその人が、本質的に未熟だからです。
つまり、セフレにふさわしい安心できる相手として必要不可欠な要点が、内的に未熟ではない自立した人間であること、ということが分かります。
純粋に頓着しない関係を創造し、良い関係を保持していくためには、
向こう側に、大人になり切れていない要素がある場合は成功する確率が低くなります。
合せて、精神面が大人であると自負して自立できているのはもちろんのこと、金銭に関わるところも独り立ちできているのかという点も、外せないポイントと言えるのは間違いありません。
何故なら、若いパートナーを、若い人が好きだからという理由のみでセフレの関係を結ぶと、
金銭的な応援を強要されてしまうことになってもおかしくありません。
となると、長期にわたってセフレの距離感を続けたくても難易度が高いでしょう。