よそぢ ななじゅーだい ひとづま

■恋愛経験が多々あって、女性の人の使い方に耐性がある男子の方

女を語る人というのも、大人の関係にすべき男子の方の基盤の一つです。
できるなら、恋の体験がうんとあり、体験を踏んでいること。
婦人の方の扱いに免疫があって、その場その場で待遇がすることができること。
そうして何よりも、婦人の人格を感心することがやれるのが、一線を越えた仲に適合した男性の方なのです。
そういった、秘密のかかわりなのに、何故このような精神的な理由が必然なのか?、と思うかもしれない。
でも、一千を超えた関連だからこそ、そういう要素が主要なのです。
こちらがないと、十分に肉欲ばっかりの関係性にそうなってしまうのです。
男の方はこれでも十分ですが、女性の人は野性的に、そうでは喜べない。
その場限定でも、自己を重要と扱ってくれるたおやかさを、女性の人は男に要望するものです。

■技術がある人、そしてまた営みに対する勉学がうんとある男子

セックスフレンド関係として付き合うのだから、思った通り抱くことの腕前は必要不可欠になるでしょう。
得る十分な技術のある者というのが希望ですが、
こうでない場合、例を挙げると場数の薄っぺらい若い男の方でも、Hに対する遊び心がふんだんなことが、肝要条件になります。
例えると、その人が得るの薄っぺらい年下の男性の方でも、
付き合いをしている間に相棒がとっとと技術をぴかぴかにしていってくれればあれらほど大人の関係に似つかわしい男子の方はいません。