やりこん かかおけいじばん

■意図のもとで彼の部屋以外でセックスを含めない青空デートをしてみる

駆け引きなく女の子が意識し始めた男性と交際してみたいと思っているのであるならば性的行為抜きでもその日一日を楽しめるはずです。
意中の人との関係を明確にしたいのであれば敢えてホテルで過ごすのではなく、美術館や展覧会に行ったり、標準的な付き合っている男女がするようなベタでありきたりな二人で出来るデートプランを体を動かすことを楽しんでみましょう。
一般的なデートを楽しんでいる流れでお互いに恋人として関係を持っているのと変わりがないのではないか、というような空気を感じたら意識している相手へのアピールを積極的に開始してみてください。
お互いと過ごす時間を心地よいと感じなかったら……心惹かれたとしても彼とは肉体関係のみのお互いに納得して付き合うのが良いでしょう。

■ひょっとして交際している人いないのかしら?

どんなに彼のことが好きでたまらなくても、意中の彼に既に真剣交際している相手や好意を持っている女性がいたらあなたの計画はパアです。
彼のスマホメールを見せてもらうなり、正面から彼に交際中の人はいるの?と質問してみるなりして、自分以外に女の影があるかちゃんとチェックしましょう。
傷を負わされてからじゃどうにもなりません!精神的な傷は人それぞれですが、あまり深くない方が復活が早いです。
ただのセフレとして付き合いを続けることが出来れば、知らないうちに彼女としての座があなた自身に回りまわってくることだってあり得なくはないです。
人間不信になるくらい深く勝手に傷ついて完全に彼から離れてしまうより、心理的な傷が浅いうちにその男性とは細々とでも交友関係を継続した方があたなが勝つ見込みは高い!
斯く言う似たような話では筆者の関係を持っていたセフレはなんと筆者以外に同時進行で付き合っていたセフレが複数いるという浮気者でもあったため、
こんな生活を送っている人に心ときめいてしまったらどうあがいても自分は傷ついてしまう!と直感で思ったので、一途に彼のことが好きでたまらなくなる前に心に蓋をして彼との続けていた関係に終わらせました。
非常に女性に手が早い人を好きになってしまったらかなりしんどいですが、
その女癖の悪い彼とあなたの交際の可能性に関してはどんな状況でも全く無いわけではありません。
セフレとして付き合っていた相手が永続的なあなたの恋人になるよう心より願っています。