むりょうけいじばん でんわえっち

ずっと「女」として日常を送っているとお互いのプライベートに踏み込まないセフレがいたらいいなぁ…なんて頭をよぎったことは女性のほとんどがあることでしょう。
理想としては本命になりたいなどはどちらとも求めないこと、ここぞという時に頼れて、わずらわしいことは口にすべきではない。
そういう風に良いとこどりの男。
実は自分も数年前まで必要な時だけ会っていた性欲を満たしてくれる男性が存在しました。
この関係を壊すようなことは両者とも口に出さないようにしていて、この男性と一緒にいると安心感があった。
仕事の面でへこんでいた時、一人で居られない時いつも頼りになる方でした。
本当に性欲を満たしてくれる男性とは一緒に居て気が休まるかもしれないですね。
自分にとって1番の存在ではなく、所詮エッチするだけの相手。ですので、相手のプライベートに介入しないような関係を心がけるが必要ですね。
悲しいかな、一般的に女性はなぜか一線を越えた男性に対し特別な存在になりたいと思うケースも実はあります。
性欲を満たしてくれる相手に恋に落ちた、と納得することはかなりつらいのです。
それなのに、ある日突然愛してしまった…という体験をした主婦は多いですよね。
けれども、長きにわたりただのH相手、そう思っていた男性と一からお付き合いすることはなかなか面倒だと思われます。
なんとか性欲を満たしてくれる相手を虜にさせるにはにはどうしたらいいのか、いくつか挙げてみますね。

■あたしたちってさぁ~めちゃめちゃ相性抜群だと思わない?

自分たちの関わりがカップルと変わらないのなら
「あたしたちってすごい相性良いよね」「逆になんで付き合わなかったのか不思議だよね?」というようになんとなく関係性について言及してみるのです。
相手も同様の事を感じていたなら「じゃ俺の彼女になってよ?」という答えがもらえるかもしれませんね。
あとストレートにではなく冗談のように言う事。この表現が大切なんです。

■成り行き任せで聞く

単刀直入に「私ね、前々からあなたのこと特別な人として好きって感じてたんだけど私自身を特別な女だと思っている?」と確認してみてもいいでしょう。
もし彼が難しい表情だったら交際へ発展することは難しいかも。
言った瞬間の彼のリアクションが好意的である場合軽く付き合おう?というセリフを言うとおおかた成功すると思います。