みそぢ よそぢ ひとづま

女性として生まれて「女」として日常を送っていると性欲を満たしてくれる相手がいたらいいなぁ…なんて思ったことは皆あるんですよね。
特段プライベートに関しては二人とも求めないこと、寂しい時にそばにいてくれて、わずらわしいことは言わない
そういう感じの都合のいい間柄。
実をいうと私自身最近まで長年、一緒にいた体だけの都合のいい相手がいたのですが…。
この関係を壊すようなことは互いに言わず、隣にいてとても満たされた。
友人関係の面で悩みがあった時、つらい時とても頼りになる人でしたね。
きっとセックスだけの関係の人とは一緒に居て気が休まるかもと思うでしょう。
旦那ではなく、ただの性欲を満たしてくれる相手。こういうものは、必要以上の詮索をしないというような事が大切です。
でも、女性というものは大人の関係になった人にセフレ以上になりたいと思うことが実は多いんですよ。
都合の良い相手を愛してしまった、そう自覚することはとてもつらいのです。
けれども、そんなつもりはなかったのに頭の中が彼の事でいっぱいになっていた…そのような妻は多いですよね。
けれども、これまでずっとセックスするだけの関係だった男とちゃんと交際することはちょっと険しい道のりに思うものです。
そこでセックスフレンドが振り向いてくれるにはどうすべきか、いくつか挙げてみます。

■あなたと私ってぴったりの相性だと思うよ

あなたたちの仲の良さが付き合っているのと変わらないと思ったら、
「私とあなたってすごい相性抜群だよね」「なんで今までお付き合いしなかったのかな?」というふうにそれとなく関係性について触れてみるのです。
お相手の男性もそのように考えていたなら「じゃ俺と付き合ってみる?」という感じの答えが聞けるかも。
あと笑顔でさらっと言う事。それが大切です。

■腹をくくって確認する

正直に「私前からあなたのことが私にとって特別な存在で…良いなって思ってたの。あなたは私の事をどういう存在だと思う?」と確認してもいいでしょう。
もし彼が微妙な表情だとすれば恋人関係になることは期待できないかも。
言った瞬間の彼のリアクションが良いものであればまずは付き合ってみる?と言ってみるとかなりの確率で成功するでしょう。