ぽちゃ だいがくせい

■色恋経験が多量で、婦人の方の使用法に慣れっこな男の人

女権論者とは、秘密の関係にすべき男の人の原則です。
できることなら、恋愛経験がふんだんで、体験があること。
女の人の扱いに免疫のあって、瞬時に措置が可能なこと。
そうして何をおいても、女性の方の人格を尊むことがやれるというのが、セックスフレンド関係に似つかわしい男なのです。
さも、性的な続柄なのに、どうしてまたそういう精神的な事項が重要なのか?、と感じられるかもしれない。
だけども、下半身だけの交友関係だからこそ、このような要素が貴重なのです。
あちらがないと、絶対に肉欲以外にないかかわりになっていってしまうのです。
男性の人はあれでも本望ですが、女性の方は本望的に、あれらでは十分でない。
その場限りでも、自らを大事に扱ってくれる心優しさを、女子の方は男児に期待するものです。

■テクニックのある者、その他Hに対する志が豊潤である男児

下半身の関係として異性交遊するのですから、つまるところ男女の営みの腕のほどは必須になるでしょう。
芸の肥やし豊潤なテクニックがある人というのが願いですが、
そうではない場合、例として芸の肥やしの薄い若い男子でも、性愛行動に対する追及心が多々あることが、貴重な条件になります。
例として、パートナーが試作の愚直な年下男の方でも、
異性交遊している間に配偶者がコツコツ腕のほどを磨き上げていければこちらほど下半身の関係に適合な男児はいません。