ほも みくしぃ

■恋愛体験がうんとあり、女子の方の使い方に把握している男の方

フェミニストとは、秘密の関係にすべき人の原則です。
可能なだけ、色恋の体験が豊潤で、場数を経験していること。
女性の人の扱いにこなれていて、一瞬に反応が可能である。
そうして何をおいても、女性の方の人格を尊むことができるものが、怪しい関係に適切な男子の方なのです。
そういえば、下半身だけの付き合いなのに、なんでまたあんな精神的な要因が必然なのか?、と考えるかもしれない。
だけども、人身だけの結びつきだからこそ、あのような要素が主要なのです。
あれがないと、十分に肉欲のみしかない交流になっていってしまう。
男子の方はそうであっても本望だが、女子の方は人間的に、こちらでは喜べない。
その時に限っても、我を大事に扱ってくれる気立ての良さを、女の方は男子の人に願うものなのです。

■技術のある人、ないしHに対する向学が多量である人

大人の関係として異性交遊するのですから、やっぱし性交渉の上手さは須要になるでしょう。
場数多々ある技術がある方というのが欲求ですが、
こうではない場合、例をいうと知験の深くない若い男性の方でも、男女の営みに対する気になる心がたくさんなことが、貴重な条件になります。
一つ取り上げると、相手方が試しの薄い年下の男性の方でも、
人付き合いしている間に仲間がぐんぐん技法を磨いていけばあれほどセフレ関係に似合う男性の人はいません。