にじゅーだい ひとつま かか おとーくけいじばん

■愛の体験が豊潤で、婦人の方のコントロールに慣れっこな男児

フェミニストとは、セックスフレンド関係にすべき男性の人の土台の一つです。
できるだけ、恋愛体験がふんだんで、体験を踏んでいること。
彼女の扱いに耐性があって、その場その場でもてなしが可能なこと。
それで何よりも、女子の人格を敬意をあらわすことがすることが、秘密の関係に適切な男子の人なのです。
そうなると、身だけの結びつきなのに、何故あんな精神的な理由が大切なのか?、と思うかもしれません。
でも、一千を超えた繋がりだからこそ、そういう要素が須要なのです。
それらがないと、申し分なく肉欲ばかりしかない関連性になっていってしまいます。
男はそうであっても満たされるが、女性の方は頭脳的に、あれでは喜べません。
その場に限っていても、我を大事に扱ってくれる慈悲深さを、女の人は男の方に要望するものなのです。

■テクニックがある人、その他男女の営みに対する勉強が多々ある男

大人の関係として交友するのですから、つまり営みの技は主要になるでしょう。
試したっぷりある技術のある者というのが願いですが、
こうでないとき、例を挙げるとキャリアの薄い若い人でも、性交渉に対する遊び心がたくさんなことが、大切な条件になります。
例をいえば、その人が試しの高くない年下男でも、
付き合いをしている間に相方がとっとと技を磨き上げればそれほど一線を越えた仲に似つかわしい男はいません。