でんわえっち しろうとひとづま

セフレに適している若い男性とは、どういう感じの男性を対象にすれば良いのでしょうか?
好みの種類も当たり前にあっても問題ないのですが、
相手の性質によっては、セフレにした方が良い優秀な男性と、セフレにする価値はない男性にわかれるというのが現実です。
それでは、どのような点に注意して答えを出せば価値のある人と出会えるのでしょうか。
これから相性の良いセフレのパートナーのポイントについて要約してみましたので、いざという時のチェックポイントにすると良い結果につながりやすくなります。

■言動が実直で、全体的に他者に依存していない相手

こちらとしてはどこまでもセフレの相手として交際しているのに、異性の側が取り違えて、
恋愛に発展させることを求められることが現実として問題になってきています。
最初の出会いから、肉体関係以上にはならない、という承諾をしていたところで、そのような意外なことを言われる前例もあります。
何をもって、そういった誤解が発生するのか。
その理由は、向こう側の異性が、自立した人間として完成されていないからです。
つまり、セフレにする価値のある関係として必要不可欠な要件が、物腰が完成された自立心を持った人間であること、といっても良いはずです。
適度に距離を置いた付き合いを築いて、その関係を続けていくためには、
男性の方に、成熟していない言動があるとうまくいかないでしょう。
それだけではなく、物腰が完成していて自らの力で物事を解決できているとしても、資産面も独り立ちできているのかという点も、大事な要素と認識しておいた方が良いです。
何故なら、フレッシュな青年層の人を、愛おしいという理由に捉われてセフレの関係を重ねると、
経済的な応援を期待されてしまうことになってもおかしくありません。
結果として、長期間コミュニケーションを続けていくのはむずかしいはずです。