であえるさいと びっち

■色恋の体験が多々あって、女子の方の扱い方に慣れっこな男の方

ナルシストというのも、性的な関係にすべき男の人の条件です。
もしできれば、色恋の経験が多量で、場数を経験していること。
女の人の扱いに免疫のあって、場に応じてお構いがやれる。
そして第一に、婦人の人格を感心することがやれるのが、一線を越えた仲に適切な男子の方なのです。
ああなると、一千を超えたかかわりなのに、どうしてそういう精神的な事由が肝要なのか?、と感じられるかもしれない。
でも、秘密の結びつきだからこそ、そんな要素が不可欠なのです。
あれらがないと、まさに肉欲だけの繋がりにそうなってしまうのです。
男児はそれであっても満足できるが、婦人の方は野性的に、そちらでは満たされない。
その時限りでも、自らを重要と扱ってくれるしなやかさを、女の人は男性の方に望むものなのです。

■技術のある者、あるいはHに対する遊び心が多量である人

大人の関係としてお付き合いするのですから、やっぱし性交の手法は須要になるでしょう。
試作ふんだんな技術のある者というのが欲求ですが、
そうではない場合、例として見聞きの低い若い男の人でも、Hに対する捜索心が多量なことが、必至条件になります。
一例を挙げれば、そいつが見聞きの薄っぺらい年下男児でも、
異性交遊している間に相手が着々技法を磨き上げてくれればあちらほど怪しい関係にうってつけな男子の方はいません。