であいけい ぼしゅうけいじばん ふぇいす ぶっく

■恋愛経験がうんとあり、女子の使用法に免疫のある男子の方

ナルシストというのも、肉体関係にすべき男子の前提です。
できることなら、色恋経験が豊かで、場数を経験していること。
彼女の扱いにつかんでいて、その場その場でもてなしが可能なこと。
そして何をおいても、女性の方の人格を感嘆することが可能というのが、肉体関係に妥当な男子の方なのです。
こういえば、セックスだけのかかわりなのに、どういう理由でそうした精神的な素因が貴重なのか?、と思われるかもしれない。
だけど、肉体だけの関連だからこそ、こうした要素が大事なのです。
これがないと、全体に肉欲のみしかない交友関係にそうなってしまうのです。
人はこうなっても満たされるが、女の人は本有的に、こうでは結構ではありません。
その場限りでも、本人を大切にしてくれる優美さを、婦人の方は人に要望するものなのです。

■技術がある方、または性交渉に対する気になる心がうんとある男性の人

肉体関係として付き合うのだから、なんといっても交わりの方法は必要不可欠になるでしょう。
試し豊潤な技術者というのが夢ですが、
こうではない場合、例をいうと場数の深くない若い男性の人でも、営みに対する遊び心がふんだんなことが、重要条件になります。
例として、あの人が見聞きの薄っぺらい年下の男性の方でも、
お付き合いしている間に協力者がいつまでも技を磨き上げていければあれらほどセックスフレンドにうってつけな男性の人はいません。