ちゅうごく よんじゅーだい ひとつま

■色恋の体験が多くて、女の方のあしらい方に免疫がある男子

フェミニストとは、セフレ関係にすべき男子の人の土台の一つです。
もしできれば、色恋の体験が豊かで、場数を持っていること。
彼女の扱いに慣れた、一瞬のお構いがやれること。
そして何よりも、女の人の人格を称賛することが可能なことが、肉体関係に妥当な人なのです。
こうなると、一千を超えた関連なのに、なんでああした精神的な内容が大切なのか?、と考えるかもしれない。
それでもなお、性的な交流だからこそ、そのような要素が肝要なのです。
これがないと、申し分なく肉欲のみの関連になっていってしまう。
男はそれであっても満たされるが、婦人は本有的に、これでは本望ではありません。
その時限りではあっても、本人を肝要としてくれる慈悲深さを、女の方は男子に要求するものなのです。

■テクニックがある者、ないし交わりに対する追及心がたくさんある人

大人の関係として恋人関係になるのですから、結局のところ交わりの力は須要になるでしょう。
キャリアうんとあるテクニックがある者というのが欲求ですが、
こうではない場合、一例を挙げれば試作の低い若い男の人でも、男女の営みに対する知識欲がたっぷりあることが、重要条件になります。
例をいえば、相手方が味わいの低い年下男でも、
人付き合いする間にカップルが着々腕前をぴかぴかにしていければそれらほどセックスフレンドに適切な男性の方はいません。