せっくす できる えっち

長い間「女」として生きていると都合のいいセフレがいたら毎日楽しいのに…なんて思う事はほとんどの方が経験済みだと思います。
条件としてお付き合いしたいなどは二人とも求めちゃダメ、必要な時に頼れて、この関係が崩れるようなことは言わない事。
そんな感じの都合よく扱える相手。
実は自分も数年前まで長い間、必要な時だけ会っていた自分の性欲を満たしてくれる相手がいたのですが…。
2人の関係が面倒になるようなことは双方とも口にしなかったので、隣にいてとても満足感があった。
ブルーな時、悩みがある時、つらくなった時いつも頼れた存在でしたね。
やはりエッチだけの関係の人とは一緒に居て楽ちんなのかもしれないですね。
夫ではなく、完全にセフレ。こういうものは、関係が壊れることをしないという気持ちが重要ですよね。
ですが、大抵の女性の実態はエッチした人に対し恋してしまうパターンが実際あるのです。
欲求をみたしてくれる相手に恋してしまった、そう感じないようにするのはキツイでしょう。
だけど、心の中では好きになった…という経験をした奥さんはとても多いです。
しかし、今までずっと性欲を満たしてくれる関係だった男の人と改めて恋愛を始めるということはかなり険しい道のりだと思うんですよね。
願わくばセックスするだけの男性が振り向いてくれるにはどうしたらいいのか、いくつか挙げてみます。

■あたしたちってめちゃめちゃ相性ぴったりだと思う

これまでの感覚がカップルと変わらないと思ったら、
「あたしたちってさぁ~ピッタリの相性だよね」「むしろなんで今まで付き合わなかったのか不思議と思わない?」というふうに関係性について触れてみるのです。
お相手もそういうように感じていたなら「じゃ付き合おうよ?」なんて返事がもらえるかも。
またストレートにではなくさらっと言う事。この感覚が大事なんです。

■勇気を出して聞いてみましょう

勇気を出して「私ね、前々からあなたのこと特別な男性として意識してて、良いなって想っているんだけど私に対してどういう存在だと思っている?」と聞いてみましょう。
もし男性があいまいな表情だとすれば交際まで持っていくことは期待できないと思います。
その瞬間の彼のリアクションが良いのであれば軽くお付き合いしてみる?と言ってみれば、高確率で思い通りの結果になります。