せっくすふれんど わりぎれ

■愛の体験が多量で、女の人の取り扱いに免疫がある人

フェミニストというのは、怪しい関係にすべき男児の基礎です。
可能なだけ、愛の体験がたくさんあり、場数があること。
婦人の扱いにつかんでいて、その場に応じて待遇が可能であること。
そして何をおいても、女の人格を大事にすることができるものが、セフレ関係に適合した男子の人なのです。
そういえば、セックスだけの関連なのに、何故にあのような精神的な事案が大事なのか?、と思うかもしれない。
だからと言って、人身だけの関連性だからこそ、あのような要素が大切なのです。
これらがないと、十分に肉欲以外にない交友関係になっていってしまう。
男はあれでも十分だが、女の方は本有的に、それらでは喜べません。
その場限りでも、私を大切にしてくれる親切さを、婦人の方は人に願うものなのです。

■テクニックのある人、ないし性交に対する志がふんだんな男性の方

下半身の関係として異性交遊するのですから、なんていっても床入りの力は重要になるでしょう。
試したっぷりあるテクニックのある者というのが夢ですが、
こうじゃない場合、例を挙げると知験の高くない若い人でも、性行為に対する追及心がうんとあることが、貴重な条件になります。
例を挙げれば、その人が場数の広くない年下の人でも、
交際する間に友達がコツコツ手さばきを磨き上げていければそれらほど性的な関係ににつく男児はいません。