じぇーしー にじゅーだい おくさま

■彼との付き合い方を迷っているならばあえて家の外でセックスを抜きにした健全なデートをしてみる

紛れもなく本人が心を惹かれている彼と恋人として付き合いたいと思うのであればセックスが無くても二人で過ごす時間は楽しいはずです。
気になっている彼とのこれからの関係を見極めたい場合は意図的にどちらかの部屋で過ごすのではなくショッピングしたり、映画を観たり、何処にでもいる様な交際中のカップルがするような普通の日帰りドライブデートのようなものを満喫してみましょう。
同じ体験をしている流れで自分の気持ちの上で交際しているのとなんら違いはないじゃないか、とお互いに感じている様な空気になったら意識している彼へのアピールをスタートしてみてください。
一緒の時間を居心地が良いと感じなかったら……意識したとしても彼とは肉体関係だけのお互いが割り切って付き合うのが最も妥当かもしれません。

■ともすれば特定の彼女の存在はないかも?

その男性に気になっていても、もう既に伴侶や交際を意識している相手がいたらあなたの計画はパアです。
彼のLineをコッソリチェックするなり、彼の一番仲の良い友達に彼にパートナーはいるの?と聞くだけ聞いてみたりして、自分以外に女の影が見えるか否かきちんと調べましょう。
後々引きずってしまうようなダメージを受けてからじゃ後の祭りです!心に負ったダメージはその程度が浅いうちの方が割り切りやすいです。
肉体だけの大人な付き合い方をそのまま続けていれば、いずれ彼女に昇格するチャンスが狙っていたあなたにも将来的に回ってくることだって無いとはいえません。
これでもかという程深く傷く結果になり離れていってしまうより、心の傷が小さいうちにその心惹かれた彼とは途切れることなく付き合いを続行する方があたなが勝つ見込みは高い!
分かりやすい例になるかは分かりませんが、体験は人それぞれですが、筆者の好意を持っていたセフレはなんと筆者以外に同じ様なセフレが私が知っているだけでも3人はいたというドンファンの様な生活をしていたため、
こんな生活を送っている人にこのまま恋したら確実に傷を負ってしまう!と理性が認識していたから、100%本気で彼を愛してしまう前に心に蓋をして彼との先の見えない関係に幕を引きました。
女性に見境がなさ過ぎる人を恋い慕うようになってしまうときつい事ばかりですが、
あなたとその彼とが交際するチャンスというモノはどのような場合でも皆無であるとは言い切れないのです。
セフレ関係だった人が末長い恋人であることを祈念しています!