さいと せくふれ

色恋の常識が全く理解できない
翌日エピソードをうかがった女。19歳でバージンを捨てて以来3年の間に、
30人を超える男の人と肉体的な関わりを保持してしまったとのこと。
追加で今まで一回もまともな男性が存在したことがないというので驚異です。
なんの理由があってボーイフレンドを作ろうとしないのか。
好きな男はずっと前からつくりたいと意識しているけど、一体どうしたことか手にできないんです。仲のいい男は絶えずセックスフレンド止まり。
交際以前に性交渉しちゃダメなのは知っているけど、偶然そういうことになってしまって。
そうはいっても、その相手と一緒に堂々と食事もするし、精神がご満悦な分があるので、
今日このごろは別にボーイフレンドをもたなくてもよいかななんて決めています。
色恋も人間同士の関係おんなじ。
いくつもの見たものやトークを通して、二人のことを共鳴し、ゆっくり苦労を厭わず育てるものでしょう。
なのに、そのくだりをショートカットして会うなりはやばや性行為の流れが身についてしまっている方は、
男の人の強いお願いを吹っ飛ばせない弱い娘になっていまう見通しがあるのではないでしょうか。
こうして、特定の男性じゃなくても肉体関係を持てる、という若い女は増加してしまっています。
その女性の理屈は「人恋しいから」、「エッチが大好きなので」、「男の子に押し切られて」など、もりだくさん。
セックスのみの付き合いのことをバカにするつもりは全然ないのですけれど、と同時にメンタルとともに身体は結びついているもの。
最初のときは割り切っていたはずだけど、気持ちの方が揺すぶられてしまって、
正気に戻ったら男の人の言いなりになっていたみたいな、まずい関係になることがないよう気をつけよう。
あなた様の身は大事にしてあげてください。セックスするだけの人を探すときは、最悪でも自分なりの法則などを考えておくといいでしょう。