こうれいしゃ いそぢ ひとつま

セフレとしてお付き合いしたい男性といえば、どういった傾向の男性を対象にすれば良いのでしょうか?
ルックスの好みも明確にあっても問題ないのですが、
男性の中身によっては、長く付き合えるセフレの優れた男性と、そうとはいえない男性にわかれることに注意してください。
実際には、どのようなところをチェックして選択すれば正解なのでしょうか。
何はともあれセフレにするのがオススメの男性とされる人の選び方について伝授しますので、熟考することを提案します。

■内面的に誠実で、仕事でもプライベートでも心が研ぎ澄まされている年上の男性

自分側としては完全にセフレという約束で関係を持っているのに、異性の側が取り違えて、
セフレ以上の関係になることをお願いされることが現実として多いということです。
初めて会った頃に、恋愛のことは考えない、という同意をしていたはずなのに、そのような意外なことを言われる前例もあります。
なぜ、そういった食い違いが頻発するのか。
なぜかというと、相手であるパートナーが、大人になりきれず未熟だという点が関係しています。
逆転させて考えると、セフレにすべき相手として必要な要件が、心の中が未熟ではない独立した男性であること、ということです。
可能な限り頓着しない関係を形成し、そうしたことを維持するためには、
男の人に、稚拙な振る舞いがあるとうまくいく保証ができません。
他にも、所作が完璧で独立できているだけではなく、収入面でも問題を抱えていないことも、確認すべき要素と認識しておいた方が良いです。
何故かというと、年少の男の人を、若い人と出会いたいからという理由ばかりでセフレとしてつながると、
お金についての応援を望まれることになる可能性がゼロではありません。
そうなっては、長い間交流を続けたくても困難でしょう。