こうさいくらぶ ふぇらとも

■セフレのまま付き合うかどうか決めかねているなら敢えて朝から外でエッチ抜きのデートをしてみるの

誠にもって迷っているあなたが心惹かれている男性とお付き合いしたいと恋慕しているのであればセックスレスでもそのデートは楽しいはずです。
心惹かれている人との関係について迷っているならあえてホテルで過ごすのではなく、食事に行ったり、スタンダードな付き合っているカップルがするようなありがちな体を動かすようなデートをして実行して楽しんでみましょう。
それらの流れでお互いに恋人として付き合っているのとなんら変わりがないね、というような空気を感じたら意識している相手へのアピールをし始めてください。
デートが全く楽しくなかったら……その人とはセックスするだけの関係として付き合い方が最も適当でしょう。

■可能性として交際している彼女の存在はないかも?

どんだけ彼に好きであっても、意中の彼に既にパートナーや意中の女性がいたら計画は水の泡です。
彼のスマートフォンをコッソリチェックするなり、正面から彼に想い人はいるの?と問いかけてみるなりして、注意すべき他のそれっぽい女子の気配が感じられるかどうか確かめましょう。
気持ちが傷ついてからでは時すでに遅しです!目に見えない傷はその程度が浅いうちの方が踏ん切りをつけやすいです。
束縛せずセフレとしてつかず離れずの関係性を維持していれば、いずれ彼女のポジションが結果的にあたたに微笑みかけることだってあり得ます。
酷く傷つけられて彼から離れるよりも、心理的な傷が浅いうちにその人とは程々の距離感で大人な関係を保ち続ける方があたなが勝つ見込みは高い!
ついでながら似たような話では筆者の付き合っていたセフレは付き合いだした時に筆者以外にセフレとして付き合っている相手が日替わりで複数いるというドンファンの様な生活をしていたため、
こんな身勝手な人に恋をしてしまったら言うまでもなく精神的に傷つけられる!と気持ちのどこかで分かっていたので、トコトン恋してしまう前にその彼との先の見えない関係に決着をつけました。
酷い女ったらしを恋をしてしまうとかなりしんどいですが、
そのプレイボーイ過ぎる彼と交際の転機はどのような場合でも全く無いわけではありません。
エッチだけだった関係が永遠に続く縁(えにし)の恋人になるよう心より願っています。