ぎゃくなん さーくる

■色恋の体験がたっぷりあり、女性の人の処遇に慣れた男子の人

フェミニストとは、セックスフレンド関係にすべき男性の方の土台です。
可能なら、愛の経験がうんとあり、体験があること。
女性の方の扱いに耐性のあって、その場に応じて応対がやれること。
そして何よりも、女の人の人格を大事にすることができるものが、セックスフレンドに適切な男子の人なのです。
こうなると、一千を超えた関連性なのに、なんでまたあのような精神的な要因が須要なのか?、と感じるかもしれない。
とはいっても、秘密の付き合いだからこそ、こんな要素が必然なのです。
そちらがないと、ふつに肉欲だらけの付き合いになってしまう。
男子はあれでも結構ですが、婦人の方は生得的に、あれらでは喜べません。
その時に限っていても、自らを必要としてくれる心優しさを、女性の人は男の方に求めるものです。

■技術がある者、その他性愛行動に対する勉学が十分ある男

セックスフレンドとして人付き合いするのだから、やっぱし男女の営みの腕前は重要になるでしょう。
知験多量なテクニックがある者というのが希望ですが、
そうではない場合、例を挙げれば知験の高くない若い男子の方でも、Hに対する気になる心が多量なことが、必至条件になります。
一例を挙げると、その人がキャリアの低い年下男子でも、
付き合いをしている間に仲間がとっとと上手さを磨き上げてくれればあちらほど肉体関係に適合な男の方はいません。