ぎゃくさぽ にじゅーだい

セフレにするのがオススメの相手とは、どういったイメージの人であれば良い関係が築けるのでしょうか。
好みの種類も実際には決まっているのかもしれませんが、
男性の中身によっては、セフレにするべきパートナーと、そうとはいえない男性にわかれるということを覚えておきましょう。
そうだとすると、どこに注目して結論付ければ正解なのでしょうか。
これよりセフレにする価値のある優れた男性の探し方について纏めてみましたので、注意してみるとよいでしょう。

■振る舞いが完璧で、全面的にしっかりとした信念を持っている経済力のある男性

こちらとしては疑いなくセフレの一人として楽しんでいるのに、異性の側が誤解してしまって、
恋愛に発展させることを求められてしまうことが現実として少なくないそうです。
初めに、セフレ以上の関係にはならない、という契約をしていたはずなのに、そうなってしまうケースも少なくありません。
どういう理由で、そのような勘違いが無くならないのか。
その理由は、相手サイドの男性そのものが、基本的に成熟できていないからです。
要は、長く付き合えるセフレの男性として必須とされる中心が、内面的に成長を感じさせる自立した人間であること、といって間違いないでしょう。
十分にセフレとしてのお付き合いを始めて、そのつながりを終わらせないためには、
相手の方に、成長の足りない要素がある場合は成功は難しくなるかもしれません。
合せて、言動が円熟していて独り立ちしている以外にも、金銭的に自立しているという点も、要点であると言えるのは間違いありません。
過去にあった実例でいうと、若々しい男の人を、顔が好みだからという偏った価値観でセフレとしてお付き合いすると、
経済面での応援を期待されてしまうことになってしまうでしょう。
そうなってしまったら、長い間お付き合いを維持し続けることはむずかしいでしょう。