えんじょこうさい ぎゃくさぽ ぼしゅう

生まれてからこれまで「女」としてやってきた人は体目的の相手がいたらいいなぁ…と思ったことは皆あることですよね。
特段お付き合いして欲しいなどは両者とも求めてはいけない、必要な時に頼れて、この関係が崩れるようなことは口に出さない。
ものすごく都合よく扱える相手。
実をいうと筆者自身数年前まで長年、必要な時だけ会っていたセックスだけを楽しめる相手がいました…。
あとあと面倒くさくなることは二人で居るときには口にしなかったので、その人と居るときはリラックスできた。
仕事の面でへこんでいた時、不安な時いつも頼れた存在でしたね。
当然体だけの関係の人とは一緒に居てホッとするのかもしれないです。
恋人ではなく、言っても欲求をみたしてくれる相手。だからこそ、必要以上に要求しないという気持ちが条件です。
でも、ほとんどの女はなぜか一夜を共にした相手に対し恋してしまうことがあるでしょう。
エッチするだけの相手に恋の気持ちが抑えられなくなった、そう自覚することはかなりキツイと思います。
やっぱり、いつのまに頭の中から彼が離れなくなっていた…そんなパターンの女は多いと思います。
とはいっても、長きにわたりただのセックス相手だった男性と人生のパートナーとして付き合い始めることはものすごく困難だと感じます。
願わくばセックスフレンドが振り向いてくれるには何と言ったら効果的か、いくつか考えてみました。

■私たち一緒に居てかなり相性抜群ですよね

互いの距離感が恋愛関係となんら変わらないのであれば、
「あたしたち二人って相性ぴったりだよね」「逆になんで今までお付き合いしなかったのかな?」というふうになんとなく関係性について触れてみましょう。
そのお相手もそういうように思っているなら「じゃ俺と付き合う?」みたいな答えが返ってくるかもしれません。
そして上目遣いの笑みでふざけつつ言う事。この感覚が重要です。

■意を決して聞いてみるパターン

率直に「私ね、前からあなたのこと恋愛対象として良いなって思ってるの。あなたは私を特別な存在だと思っている?」と確認するのも手。
もしも彼が微妙な面持ちだとすると恋人になるには難しいかもしれません。
仮に彼からの答えが良いものであれば私と付き合ってみない?というセリフを言うことでだいたいは思い通りの結果になります。