えるあいえぬいーあいでぃーけいじばん えっちぼしゅう

女子として生まれて「女」として生きていると性欲を満たしてくれる相手が居てもいいよね…なんて思ったことは誰もが一度や二度くらいあることですよね。
二人の決め事で自分が1番でありたいなどは互いに期待しちゃダメ、ここぞという時に頼れて、厄介になる事は口にしない。
そんな感じの心地よい間柄。
実は自分も最近まで関係が続いた性欲を満たしてくれる相手がいたんです。
厄介になる事をどちらも言わなかったので、その人と居るときはリラックスできた。
仕事のトラブルでへこんでいた時、一人で居たくない時頼れた相手でした。
きっと性欲を満たしてくれる相手とは一緒に居て安心するのかもと思いました。
相手にとって1番の存在ではなく、ただの欲求をみたしてくれる相手。なので、必要以上の詮索をしない等々・・・が必要ですね。
けれども、大多数の女性という人間は大人の関係になった方に対し本気になってしまう場合も実際あるものです。
欲求をみたしてくれる相手のすべてを手に入れたいと思った、と感じないようにするのはかなりキツイと思います。
それでも、そんなつもりはなかったのに好きになっていた…そのような妻は実に多いです。
今後、ずっとただのセックス相手だった男の人と本格的に恋愛を始めるということはちょっと困難に思うものです。
なんとかエッチするだけの相手とカップルになるには何と言ったら効果的かと考えてみます。

■あたしたちって相性抜群だと思う

互いの結びつきがカップルとなんら変わらないのであれば、
「あなたと私ってぴったりの相性だと思わない?」「なぜ今まで付き合わなかったのか不思議じゃない?」というふうにそれとなく関係性について言及してください。
男性もそういうように考えているなら「じゃ俺の彼女になる?」なんて返事が返ってくるはずです。
あと上目遣いの笑みでふざけあいながら言う事。この感覚が大切なんです。

■覚悟を決めて質問する

ズバッと「私ね、ずっと前からあなたのこと特別な男性として意識してて、良いなって思ってるの。あなたは私に対してどういうふうに思っている?」と確認してもいいでしょう。
そこで男性が苦笑いだとしたらこれ以上の発展は難しいと思います。
言った瞬間の彼の表情が好意的だと私たち付き合ってみない?というセリフを言えばかなりの確率で良い結果に終わります。