えっち よそぢ ひとつま

今まで「女」として日常を送っていると体目的の相手が欲しくてたまらない…と思ったことは誰もが一度くらいあるものです。
ルールとしてそれ以上の関係になることは双方とも口にしないこと、寂しい時に一緒に居てくれて、2人の関係が面倒になるようなことは言ってはいけない。
とっても都合よく扱える彼。
実をいうと私自身数年前まで過ごしたセックス相手がおりました。
相手へ必要以上の要求はその関係において口に出さないように心掛け、この男性と一緒にいるときは安心感があった。
ブルーな時、悩みがある時、心細い時頼りになった方でしたね。
事実、セックスフレンドという関係は一緒に居て飽きないかもしれないですね。
彼氏彼女の関係ではなく、単なる性欲を満たしてくれる相手。だからこそ、相手のプライベートに介入しないというような事が条件ですよね。
悲しいかな、大多数の女の心は一線を越えた方に彼女になりたいと思うことも実はあります。
セックスフレンドに本気になった、そう受け入れる事は難しいのです。
だけれども、ある日突然頭の中から彼が離れなくなっていた…そんなケースの主婦はとても多いです。
ですが、今までセックスフレンド、そう思っていた相手とちゃんと恋愛するということは割と面倒だと感じるでしょう。
願わくば性欲を満たしてくれる相手を自分のものにするにはどうアプローチしたらいいのか、いくつか挙げてみますね。

■あたしたち二人って相性がぴったりだと思わない?

これまでの仲の良さがボーイフレンド・ガールフレンドと変わらなければ
「私たち一緒に居て相性ぴったりだよね」「なんでこれまで付き合わなかったのか不思議だよね?」というように関係性について触れてみましょう。
相手の方も同じく感じていたなら「じゃ俺の彼女になってよ?」という感じの返事が聞けるかも。
気を付ける事は真剣にではなくさらっと言う事。この方法が重要です。

■腹をくくって確認してみる

率直に「私ね、前からあなたのこと恋愛対象として良いなって想っているんだけど私についてどう思う?」と確認してみてもいいでしょう。
そこで彼が微妙な表情だった場合恋愛関係になることは難しいでしょう。
その時の彼の返答が良い感じならば軽く付き合おう?と言ってみるとほとんど上手くいくでしょう。