いそぢ ひとづま かかおとーく

恋の手だてが心あたりがない
その次に物語を聞いた婦人。21歳でバージンを捨ててから6年の間に、
200人を超える男の子とオトナの関係を有してしまったのだそう。
なおかつ現在まで一度もちゃんとした男友達がいたためしがないというので不可思議なんです。
なんでまた彼を作ろうとしないのでしょうか。
好きな男の人はかなり手に入れてみたいと考えているけど、何の因果かつくれないんです。仲のいい男ともいかなる時も下半身の関係止まり。
きちんと付き合う前に性交しちゃいけないのはよく理解しているけど、しらずにやってしまって。
そういうことがあっても、その人と一緒に気兼ねなく映画も見るし、心持ちが幸福感があるところがあるから、
現在は特別に男を探し求めなくてもいいかななんて決めております。
恋は人と人との関係と同じ。
数え切れない実体験によるものや話を通して、二者を分かり、長い間マイペースではぐくみ育てていくもの。
でも、そのフェーズをなしでお目にかかって即性交渉のトレンドが染みついている人は、
男の強引な押しを吹っ飛ばすことができない弱い女の子になってしまうであろうポテンシャルがあります。
こんな風に、特定の彼氏じゃなくてもカラダの関係を持てる、という若い女の人はどんどん増加してしまっています。
その女の理屈は「一人でさみしいから」、「オトナの関係を持つのが大好きなのだから」、「男たちに押し倒されて」など、種々雑多。
性行為のみの結びつきのことをダメだというつもりは全然ないのだが、だけれどもメンタルとボディとは関係があります。
最初のうちは気にせずいたけど、慈しみが動いていき、
我に返ったらあいつの言う通りみたいな、不快な結びつきになってしまうことがないよう注意したほうがよいですね。
自己のフィジカルのことはかわいがってあげてください。エッチするだけの人を作ろうとするときは、少なくても自分だけの基準などを作っておくといいのではないですか。