いそぢ ひとつま せふれ

セフレとしてお付き合いしたい素敵な男性とは、どういった傾向の人であれば良いのでしょうか。
好みの傾向も言うまでもなくあっても良いのですが、
その人の生き様によって、セフレとしてお付き合いしたい男性とされる人と、オススメできない男性にわかれることに注意してください。
とすれば、どこに意識を向けて結論付ければ良い相手に出会えるのでしょうか。
何はともあれセフレにした方が良い優秀な男性の注意点について纏めてみましたので、思案してみるとよいでしょう。

■精神面が円熟していて、あらゆる点で心が研ぎ澄まされている人生経験が豊かな男性

自分側としては明確にセフレという取り決めで関係を持っているのに、相手の人が心変わりして、
セフレ以上の関係になることを懇願されてしまうことが実際のところは増えてきているそうです。
出会った際に、恋愛関係には発展しない、という理解をしていたと思っていても、そうなってしまうケースも増加しているそうです。
どのようにして、そういうケースの誤認識が発生しがちなのか。
なぜかというと、相手サイドの男性それ自体が、メンタル的に成熟できていないからです。
逆に捉えると、セフレに適している男性として本質的な前提となる条件が、心理的に充分に成長している大人だといえる状態であること、ということです。
あくまでも割り切りの良い関係を創造し、それらのことを続けるためには、
異性に、子供じみた所作があってはうまくいく保証ができません。
そのうえ、メンタル的に大人とされていて独立できているだけではなく、金銭的に自立しているのかも、重要な条件と言えます。
例えばでいうと、年端もいかない青少年を、年下と付き合いたいからという根拠だけでセフレの関係を結ぶと、
金銭面のサポートを求められてしまうことになってしまうことがあるのです。
となると、遥か先まで交流を維持し続けることは困難でしょう。