いそぢ じゅくじょ よんじゅーだい じゅくじょ

■色恋の体験がたっぷりあり、女の扱い方に把握している男児

ナルシストというのは、セフレ関係にすべき男の人の基礎の一つです。
もしできれば、恋愛体験が多くて、経験を踏んでいること。
婦人の扱いにこなれていて、その場に応じて措置がする。
そうして何よりも、女の人格を敬重することが可能なことが、秘密の関係に相応な人なのです。
そうなると、下半身だけの交流なのに、なしてあのような精神的な中身が重要なのか?、と思うかもしれない。
だけど、肉体だけの関連だからこそ、ああした要素が重要なのです。
こちらがないと、全体に肉欲しか関連になってしまうのです。
男子の方はそうだとしても喜べるが、婦人は本質的に、そちらでは満たされません。
その時に限っても、自己を肝要と扱ってくれる思いやりを、彼女は男児に要求するものなのです。

■技術がある方、その他営みに対する遊び心が多量である男の人

一線を越えた仲として異性交遊するのですから、結局男女の営みの方法は肝要になるでしょう。
体験豊かな技術がある方というのが願いですが、
そうではない場合、一例を挙げればキャリアの高くない若い男性の人でも、男女の営みに対する遊び心がうんとあることが、貴重な条件になります。
一例を挙げれば、相手方が体験の広くない年下男でも、
交際している間に配偶者が続けて技術をぴかぴかにしていければそれらほど性的な関係にかっこうな男児はいません。