あぷり いそぢ ひとつま

■恋の経験が多々あって、女の待遇につかんでいる男性の方

ナルシストとは、セフレにするべき男の方の基礎の一つです。
もしできれば、色恋の経験が豊潤で、経験を持っていること。
女の人の扱いに耐性があって、時と場合によりあしらいが可能であること。
それで何をおいても、女子の人格を称賛することがやれるというのが、怪しい関係に適当な男の人なのです。
ああなると、性的な関連なのに、なしてあんな精神的な事柄が大切なのか?、と考えるかもしれない。
とはいえ、オトナの関係性だからこそ、ああした要素が重要なのです。
あれがないと、すっかりと肉欲しか関連性にそうなってしまいます。
男児はそうだとしても十分ですが、女は頭脳的に、これらでは満たされない。
その時限定でも、自己を主要としてくれるあたたかさを、女性の方は男児に願うものなのです。

■技術のある人、また床入りに対する知識欲がたっぷりある男子の人

セックスフレンド関係として異性交遊するのですから、結局営みの手法は大切になるでしょう。
味わい多いテクニックのある人というのが鑑ですが、
そうじゃない場合、例として見聞きの浅はかな若い男の人でも、性交渉に対する知識欲が多いことが、大切な条件になります。
一例を挙げれば、この人が味わいの広くない年下の男性の人でも、
交際する間に相方が着々技法をぴかぴかにすればこちらほどセフレ関係に妥当な男児はいません。