あいじん であいけい さいと

生まれてからこれまで「女」であり続けている人なら性欲を満たしてくれる相手が欲しくてたまらない…なんて思ったことは女性のほとんどが経験しているでしょう。
絶対に本命になりたいなどは双方とも期待しないで、寂しい時に必要として、わずらわしいことは口にしない。
そういう風にデメリットがない男。
自分にも長期間続いた性欲を満たしてくれる相手がいたのです。
この関係を壊すようなことは二人で居るときには言わないようにしていて、この人のそばにいるととても安心した。
将来の事でへこんだ時つらい時頼れる人でした。
きっとセックスフレンドという関係は一緒に居て楽なのかもしれないですよね。
妻・夫の関係ではなく、単に欲求をみたしてくれる相手。こういったものは、詮索しない事が必要ですね。
悲しいかな、ほとんどの女性の生態はHした人に本気になってしまうことが事実あります。
性欲を満たしてくれる相手に恋心を抱いた、そう自覚することは難しいでしょう。
やっぱり、本当は恋してしまった…そういう方は少なからずいます。
でも、これまでずっとセックスフレンド、そう思っていた相手と遊びじゃなく付き合い始めることはちょっと面倒だと感じるでしょう。
なんとかして欲求をみたしてくれる相手とお付き合いするにはどうすればいいのか、いくつか挙げます。

■私たち一緒に居てすべての相性がぴったりだと思ってたんだ

あなたたちの親密度が付き合っているのとなんら変わらないのであれば、
「あたしたちって相性ぴったりだよね」「むしろなぜお付き合いしなかったのかな?」などそれとなく関係性について触れてください。
お相手の男性も同じように思っているなら「これから俺と付き合う?」という感じの答えが聞けるかもしれません。
それと笑いを交えながらふざけあいながら言う事。この表現を忘れないでください。

■意を決して聞いてみよう

正直に「私ね、あなたのこと男として良いなって感じてたんだけどあなたは私についてどういうふうに感じてる?」と聞いてみます。
仮に彼が微妙な表情だとするとこれ以上の発展は期待できません。
ここで彼からの答えが好意的である場合まずは付き合ってみない?と提案してみると、ほとんど結果になります。